2013年

5月

28日

美容室の料金が下がってきている気がします

前から気になっていたのですが、美容室の料金が安くなってきているように思います。カットだけだと3千円くらいの店が普通にあります。 昔はカット5000円というのが最低ラインかなという印象でした。世の中不景気で物価が下がってきていますから、美容室の料金も同じく下がってきているのかも知れないですね。 でも利用者からするとうれしいことです。私はキチンとカットやパーマをしてもらえたら、店の内装や備品とかどうでも良いと思っています。削れる部分はドンドン削って料金を下げて欲しいです。 でも、美容師の給料がその分下がってしまうとしたら、ちょっと可哀想ですね。そのあたりを考えると、安いというのも考えものだなという気もしてきました。 志津 美容室

0 コメント

2013年

5月

25日

ランキングサイトでSEO対策

SEO対策をするにあたって、被リンクはとても重要になってきますよね。しかしホームページやブログを作ったばかりの時にはどうやって被リンクを増やしたら良いのかわからないという方も多いと思います。 そんな方はまずはランキングサイトに登録してみましょう。そうすればランキングサイトがあなたのページのリンクを載せますよね。それが被リンクになってくれます。最初はこの方法で被リンクを増やしてその後は徐々に自分のページと関連するページと相互リンクをしたりする事で増やして行くと良いでしょう。 被リンクの数を増やすのには地道な努力がいりますが、そこを頑張る事ができればきっとたくさんの人にページを見てもらえるでしょう。負けずに頑張ってください。

0 コメント

2013年

5月

23日

望月春江

△望月春江――桜の実にそゝぐ雨、雨の白さが汚れのやうにみえる、降つてゐるのは雨であらうがそのために実や樹の葉に何の変化のあることも感じられないのが変である。 △吉村忠夫――『麻須良平』日本画的題材を感覚的新しさで塗りつぶしてゐるといふ域を出てゐない。 △木谷千種――『義太夫芸妓』掴み方、色彩の落ちつきは良い、何かぬけぬけとした年増女が感じられて面白い、言ひわけのやうに蝋燭を点したのはおかしい。 △村山三千男――『閑日』不安定な女の腰掛け方、落つこちて来さうな椅子の上の小鳥籠。 △望月定夫――『ふるさとの駅』日本画材料をある程度の新しい方法に処理して成功してゐた、細密描写の場合絵の具を盛り上げてゆくとすれば洋画に敗けることを考へたらいゝ。 △中村岳陵――『砂浜』砂浜の凸凹を線でゆかずに、窪み(面)でかきすぎた恨みがある。空はよいとして水はにぶい、小鳥は古いが、色の小砂の散らしは抒情的で美しい。 △森守明――『青潭』難ない、たゞ鳥ををいたことは意味なし、静寂感の出方が乏しい。 △森本修古――『奥春日』藤の絢爛たる美は良い、春の日の妖しさは出てゐた、たゞ仏ををくことはその理由は別として考へ過ぎである。 △曲子光男――『鵜城』鵜と樹木の形の面白さ、あまりに形の面白さに惚れこみすぎた感あり。調布 歯科 可惜花を散らす

0 コメント

2013年

5月

19日

世間ではよく

『世間ではよく、トンとぶつかられたと思つた途端に、電光石火に財布を掏られたなどといつてゐますが、嘘ですよ、いくら職業でも、さうはいきませんよ』と彼は得意で掏摸にも充分な研究的態度が必要なこと、生優しい職業ではないことを力説するのであつた。  この掏摸も監房ホテルに入つて来たところをみると、何か彼がいふ研究的態度に欠けたところが、彼自身にあつたに相違ない、それは大いにあつた、××デパートの何階の何番売場の何処の棚にある大島絣は、場違ひものであつて、本場の大島絣は何階の何処そこにあると、このデパートは彼にとつて自分の家のやうに品物の置場所をよく知つてゐた。  或る日六階に上つて行つた、××県産品陳列会が特別に催されて、反物、陶器、貴金属類がならべられてゐた、掏らうといふ気持もなく、ぼんやりと売場の間を歩るいてゐると、其処に彼をたいへん怒らしたものがある。 早慶個別スクール 相模原の学習塾 個別指導・少人数指導専門塾 エクセルシア

0 コメント

2013年

5月

19日

夜の明るい人通りの中に立つて

夜の明るい人通りの中に立つて、すべての恐怖は去り、つくづくと彼は自分の首にかけてゐるカーテンなるものを見た。絨毯のやうに重い、赤と黄と黒との混ぜ織りで、黄は金色に見え、赤は朱に見え、芝居の緞帳よりも、もつと美しい立派なカーテンであることが判つた。  このカーテンを腰に捲くと横綱の意匠廻しに見え、斜め肩にかけると立派な僧正に見え、胸にもつてくると飾りのついた軍服にもみえるやうな性質をもつたカーテンだ。彼はそれを首にかけて歩るき続けたが、巡査講習所から昨日出た許りの新参の警官でも彼の胸を飾つてゐるものに、異様を感じないものはあるまい。彼は間もなく捕へられた。調書の上では彼はカーテンを盗んだことになつてゐるが 『俺はけつしてカーテンなど盗んだ覚えはない、カーテンの奴が、俺の首へひつかゝつてきただけだ―』と彼は心の中で調書を強く否定しつゞけた。 さとみんマカロン 理解力を高め論理的思考能力を養う

0 コメント

クレジットカードの雑学

クレジットカードにまつわる情報はいろいろありますが、その中でも雑学的な情報をお届けしています。クレジットカードの雑学は利用する場合にはそれほど役には立たないかもしれませんが、クレジットカードを何気なく使っているときにはわからない意外な発見があり知的好奇心をくすぐるものもあります。世の中は不景気でクレジットカードにもいろいろな規制が行われる傾向があります。そんな中で雑学をひもといてみるのも心の余裕につながります。

 

クレジットカードには半世紀以上の古い歴史があり、アメリカや日本ではその発達してきた経緯も違います。現在日本だけでも3億枚以上発行されているクレジットカードには現在に至るまでの興味深い雑学がいっぱいあります。たまにはゆっくりと雑学に浸る時間を作ってみましょう。雑学の幅を広げることで何かいいことがあるかもしれません。

相互リンクも募集中です。自動相互リンクですぐに登録可能です。